使用方法を守る

カラコンは主にオシャレを目的に使用されるものですが、しっかりと適切な方法で使用する必要があります。いい加減な使い方でいると、目の病気を引き起こす可能性があるため、適切な使い方はあらかじめ学んでおきましょう。まず、必ず守っておきたいのが装着時間です。カラコンを使っていられる1日の目安は8時間ほどと言われています。

これ以上の時間を使い続けると角膜びらんなどの病気を起こす心配があるため、使用時間については軽視してはいけません。時間はあくまで目安で、はじめはもう少し短い時間にして慣らしていくようにしましょう。また、使っている時は目薬を定期的にさして、目が乾燥してしまわないように対処しておきます。

また、絶対に避けておかなければならないのが、カラコンをつけたまま寝てしまう事です。友人の家に泊まりに行くなどすると、ついついカラコンを外し忘れて寝てしまうという事があるかもしれません。コンタクトレンズをつけたまま寝ると、気づかないうちにずれてしまい、目の奥にレンズが移動してしまう心配があるのです。そうすると、眼科で適切な処置をしてもらい、レンズを取り除いてもらう必要がでてきます。コンタクトレンズは扱いを間違えると失明などのリスクもあるので、十分に注意して使うようにしましょう。フォーチュンコンタクト